洛東遺芳館 概要
 当館は京の豪商であった、柏屋を母体とし、昭和49年(1974)に開館しました。以来、今日迄春秋2回特別公開をしております。
 柏原家は、肥後熊本加藤清正公の家臣、柏原郷右衛門を祖とすると伝えられています。江戸期の正保2年(1645)初代三右衛門が当所に居を構えたといわれており、はじめ京小間物・扇子等を商い、徐々に商種商域を拡げ、木綿・漆器・紙の店を江戸に持ったいわゆる江戸店持京商人となり、今日も東京・大阪で盛業中であります。
 展示品のすべては、柏原家の江戸時代からの伝承品で、婚礼調度・絵画・浮世絵・工芸品・古書古文書等で、これ等を順次展示しております。
また、現在の建物も幾多の大小火難を逃れ、数百年来の商家の体裁を保っている京都でも数少ないものであります。
 建物の一部はご希望によりご案内しております。

〒605-0907 京都市東山区問屋町通五条下ル3丁目西橘町472
TEL:075-561-1045 FAX:075-561-3651


コレクション
 柏原家の江戸時代から伝承の品々
 婚礼調度・絵画・墨蹟・浮世絵・茶道具・衣裳・古書古文書等多岐にわたっております。


開館情報◇ 春季展 平成29年4月1日(土)~5月5日(金)「月曜日は休館です。但し、祝日は開館します。」
「北三井家ゆかりの品々展」
三井家は江戸時代、呉服・両替商を営む豪商で、近代には諸企業を経営し財閥を形成した家族です。総領家である北家を筆頭に、伊皿子家・新町家・室町家・南家・小石川家・松坂家・永坂町家・五丁目家・一本松家・本村町家は三井11家と呼ばれ、地名からとられた通称である。
北三井家から柏原家に二度嫁入りがありました。それにともない、北三井家の文化が柏原家に入って来ました。

秋季展 平成29年10月1日(日)~11月3日(金) 予定

ご利用案内
開館時間 午前10時~ 午後4時(入館迄)
休館日 月曜日(祝日は開館)
アクセス 京阪電車 清水五条駅(徒歩3分)
入館料 一般 300円 大・高生 200円 中・小・きもの100円
住所 〒605-0907 京都市東山区問屋町通五条下ル3丁目西橘町472
TEL 075-561-1045
FAX 075-561-3651
地図 Google マップはこちらへ


洛東遺芳館たより
平成28年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成27年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
平成26年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成25年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
平成24年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成23年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
平成22年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成21年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
 
◇平成29年 春季展より  平成29年4月1日(土)~5月5日(金)

「北三井家ゆかりの品々展」

三井家は江戸時代を代表する商家ですが、商業ばかりでなく文化活動も活発でした。例えば、三井一族の総領家である北三井家の主人たちは、多くの画家のパトロンでしたが、自らも筆をとり、その技量は素人の域をはるかに超えていました。その北三井家から柏原家に二度嫁入りがありました。北三井家七代目の娘・涌(わく)が柏原家八代目に、北三井家八代目の娘・賢(かた)が柏原家九代目嫁いで来ました。
それとともに、北三井家の文化が柏原家に入って来ました。今回は、柏原家に伝わる北三井家ゆかりの品々から、主人たちが描いた絵10点のほか、由来の分かる着物・人形、そして手紙・写真など計約30点を展示します。以下、展示品の中から、11点を紹介します。

写真1

役者絵が写実的になり、似顔絵と言えるようになるのは勝川春章(かつかわ・しゅんしょう)からです。
春章は演技する役者ばかりでなく、楽屋の役者の姿も描きました。
写真1は、楽屋で鏡に向かう四代目・松本幸四郎(まつもと・こうしろう)の姿です。
鏡に写った幸四郎の顔は、普段の顔と言うより、舞台上のものです。

 

写真1

写真2

勝川春英(かつかわ・しゅんえい)は春章の弟子です。
春章の役者絵は全身像や半身像ですが、弟子の春好や春英は、顔をクロースアップした大首絵(おおくびえ)を得意にしました。
写真2に描かれているのは、上方の女形・二代目・中村野塩(なかむら・のしお)です。
寛政6(1794)から五年間、江戸に下り人気を博しました。
多くの絵師が野塩を描いていますが、これほど甘美な野塩は他にはありません。

 

写真2

  写真3  

初代・歌川豊国(うたがわ・とよくに)は、風景版画を得意にした歌川豊春(とよはる)の弟子ですが、他の流派の美人画や役者絵を取り入れて、歌川派隆盛の基礎を築きました。
写真3では、お染役の三代目・瀬川菊之丞(せがわ・きくのじょう)と久松役の初代・松本米三郎(まつもと・よねさぶろう)を描いています。
瀬川菊之丞は千八百五十両の年収があった人気女形です。
写楽も菊之丞を描いていますが、この豊国の菊之丞と比べて見ると、なぜ、写楽が受け入れられなかったか、よく分かります。

 

写真3

  写真4  

春章は楽屋の役者を描きましたが、舞台以外の役者の姿を描く傾向は発展します。
写真4は、豊国の役者絵本『俳優三階興』(やくしゃさんがいきょう)の一場面です。三代目・市川八百蔵(いちかわ・やおぞう)らが上桟敷(かみさじき)の贔屓客に挨拶しています。
贔屓客はかなり上流の女性のようです。
周りの女たちは揚帽子(あげぼうし)を被っています。

 

写真4

  写真5  

写真5は、豊国が河原崎座(かわらざきざ)の劇場内部を描いた三枚続きの右側のものです。
上桟敷を見ると、写真4の女たちのように揚帽子を被った女性たちの姿が見えます。

 

写真5

  写真6  

春章以来、役者の舞台以外の姿が表されるようになりました。しかし、舞台以外でも舞台上の顔で表されていました。
写真6の役者絵本『役者此手嘉志和』(やくしゃこのてかしわ)で、豊国は舞台上と普段の顔を描き分けるという試みをしています。
写真は五代・松本幸四郎(まつもと・こうしろう)で、左の普段の顔では目が小さく表されています。
実際、幸四郎は鼻が高くて目が小さかったそうです。

 

写真6

  写真7  

上方は歌舞伎発祥の地で、江戸に劣らず歌舞伎は盛んでした。しかし、役者絵は江戸ほど流行しませんでした。
画風も江戸のような華やかさはありませんが、リアルな表現が特徴で、写楽との関係が指摘されることもあります。
写真7の『翠釜亭戯画譜』(すいふていぎがふ)は、天明二年(1782)に大坂で出版された役者絵本で、上方役者絵の最初期のものです。
作者の翠釜亭については、ほとんど分かっていません。
江戸の春章の影響を受けていますが、女形の顔に明らかなように、江戸ほどには美化しない上方役者絵の傾向がすでに現れています。

 

写真7

  写真8  

京都の建仁寺の近くに、春宵堂(しゅんしょうどう)という、化粧品や薬をあつかう店がありました。
写真8の帖は、その店のラベルやチラシを集めて貼ったものです。江戸の春章や清長の絵も使われています。
この春宵堂は山下甚吉(やました・じんきち)という女形役者の店だったようです。
写真7の女形が甚吉です。

 

写真8