洛東遺芳館 概要
 当館は京の豪商であった、柏屋を母体とし、昭和49年(1974)に開館しました。以来、今日迄春秋2回特別公開をしております。
 柏原家は、肥後熊本加藤清正公の家臣、柏原郷右衛門を祖とすると伝えられています。江戸期の正保2年(1645)初代三右衛門が当所に居を構えたといわれており、はじめ京小間物・扇子等を商い、徐々に商種商域を拡げ、木綿・漆器・紙の店を江戸に持ったいわゆる江戸店持京商人となり、今日も東京・大阪で盛業中であります。
 展示品のすべては、柏原家の江戸時代からの伝承品で、婚礼調度・絵画・浮世絵・工芸品・古書古文書等で、これ等を順次展示しております。
また、現在の建物も幾多の大小火難を逃れ、数百年来の商家の体裁を保っている京都でも数少ないものであります。
 建物の一部はご希望によりご案内しております。

〒605-0907 京都市東山区問屋町通五条下ル3丁目西橘町472
TEL:075-561-1045 FAX:075-561-3651


コレクション
 柏原家の江戸時代から伝承の品々
 婚礼調度・絵画・墨蹟・浮世絵・茶道具・衣裳・古書古文書等多岐にわたっております。


開館情報◆秋 季 展  平成28年10月1日(土)~11月3日(木)「月曜日は休館です。但し、祝日は開館します。」 
「婚礼調度品と漢人物画展」
婚礼調度は、武家階層の嫁入婚から多く見られ、桃山時代後期から江戸時代にかけて徐々に定型化し、幸阿彌家の蒔絵技法と相俟って豪華となり、江戸中期ごろには、種類量とも厖大なものとなった。武家社会から興った婚礼調度持参の婚礼が、追々と町人の間でも模倣された、富裕町人豪商間の婚礼に調度持参が多く見られる様になった。

◆春 季 展  平成29年4月1日(土)~5月5日(金) 予定

ご利用案内
開館時間 午前10時~ 午後4時(入館迄)
休館日 月曜日(祝日は開館)
アクセス 京阪電車 清水五条駅(徒歩3分)
入館料 一般 300円 大・高生 200円 中・小・きもの100円
住所 〒605-0907 京都市東山区問屋町通五条下ル3丁目西橘町472
TEL 075-561-1045
FAX 075-561-3651
地図 Google マップはこちらへ


洛東遺芳館たより
平成27年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ    
平成26年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成25年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
平成24年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成23年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
平成22年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成21年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
 
◆平成28年 秋季展より 平成28年10月1日(土)~11月3日(木)「月曜日は休館です。但し、祝日は開館します。」

「婚礼調度品と漢人物画展」

今回は、展示室の一階に婚礼調度品ときもの、二階に漢人物をテーマにした絵を展示しました。婚礼調度品は、那波家五代目の娘が柏原家の四代目に嫁入りした時の持参品、きものは、三井家七代目の娘が柏原家の八代目に嫁入りした時の持参品と伝えています。以下、展示品のなかから数点紹介いたします。

写真1 厨子棚(ずしたな)

厨子棚は黒棚、書棚とともに三棚と呼ばれます。
黒棚に似ていますが、観音開きの局が二つあるなど、より豪華に作られています。
平安時代の二階厨子が発展したものと言われています。
国宝『源氏物語絵巻』「宿木(二)」には二階厨子が描かれていますが、確かに、厨子棚に似ています。

 

厨子棚

十二手箱 十二手箱(じゅうにてばこ)

手箱は手まわりの小道具を収める箱のことです。十二手箱には十二の小箱が収められています。
小箱は鏡を収めた鏡巣、油入、白粉入などで、鏡巣には白銅の鏡が入っています。

 

十二手箱

  白ぬめ地雪中藪柑子図描絵小袖  

白ぬめ地雪中藪柑子図描絵小袖

白ぬめの小袖に、雪の中の藪柑子を手描きしています。
赤い実は刺繍です。
呉春の落款がありますが、その書体の特徴から、寛政年間(1789〜1801)の初期の作であることが分かります。

 

白ぬめ地雪中藪柑子図描絵小袖

  布袋図 駒井源琦筆  

布袋(ほてい)

布袋は唐時代の末に実在していた僧侶です。
名を契此(かいし)といいますが、いつも布袋を背負っていたので、布袋と呼ばれました。
後に禅僧たちにあがめられ、弥勒の化身とされました。
民間でも信仰をあつめ、日本では七福神に入っています。
この絵の画家は駒井源琦(こまい・げんき)です。
円山応挙の弟子で、応挙の弟子の中でもっとも応挙の画風に忠実でした。
この絵も全く応挙風です。

 

布袋図 駒井源琦筆

  東方朔 東洋筆  

東方朔(とうほうさく)

東方朔は紀元前一世紀頃、前漢の武帝に仕えた政治家です。
後世に、西王母の桃を盗んだという話が作られます。
その桃は三千年に一度実を結ぶもので、長寿の象徴となります。
桃を手にした東方朔の絵にも長寿の願いが込められています。

この絵の作者は東洋です。
陸奥の生まれで、江戸で狩野派を学んだあと、京都で応挙や呉春の影響を受けたようです。
絵は当時の画家には珍しくホノボノとした感じがあります。

 

東方朔 東洋筆

  郭子儀図 山口素絢筆  

郭子儀(かくしぎ)

郭子儀は唐時代の武将です。
自身栄達しましたが、子孫もみんな出世しました。
ですから郭子儀図には子孫繁栄の願いが込められています。
山口素絢は円山応挙の弟子です。
この作品は応挙の「郭子儀図」(三井記念美術館)を写したものです。

 

郭子儀図 山口素絢筆

  五柳先生図 円山応挙筆  

陶淵明(とうえんめい)(五柳先生)

陶淵明は西暦五百年頃の詩人です。
「飲酒」という題の詩に「菊を採る東籬の下」という句がありますが、この作品にも籬と菊が描かれています。
陶淵明の家の側には五本の柳が植えられていましたが、この絵にも柳が描かれています。

また、頭巾も陶淵明独特のもので、それからもこの人物が陶淵明であることが分かります。
絵の作者は円山応挙です。江戸時代を代表する画家のひとりで、温和な画風が特徴です。
この絵の陶淵明も温和な顔に描かれています。

 

五柳先生図 円山応挙筆

  飲中八仙図 柴田義董筆  

飲中八仙(いんちゅうはっせん)

飲中八仙図は、杜甫の詩「飲中八仙詩」を絵画化したもので、唐時代の八人の大酒飲みを描いています。
八人の中では、詩人の李白と書家の張旭がよく知られています。
絵の作者は柴田義董です。
呉春の弟子ですので、四条派の画家ですが、人物画を得意にしました。

 

飲中八仙図 柴田義董筆

    『平成28年洛東遺芳館たより「春季展」はこちらへ』