洛東遺芳館 概要
 当館は京の豪商であった、柏屋を母体とし、昭和49年(1974)に開館しました。以来、今日迄春秋2回特別公開をしております。
 柏原家は、肥後熊本加藤清正公の家臣、柏原郷右衛門を祖とすると伝えられています。江戸期の寛永年間(1645)初代三右衛門が当所に居を構えたといわれており、はじめ京小間物・扇子等を商い、徐々に商種商域を拡げ、木綿・漆器・紙の店を江戸に持ったいわゆる江戸店持京商人となり、今日も東京・大阪で盛業中であります。
 展示品のすべては、柏原家の江戸時代からの伝承品で、婚礼調度・絵画・浮世絵・工芸品・古書古文書等で、これ等を順次展示しております。
また、現在の建物も幾多の大小火難を逃れ、数百年来の商家の体裁を保っている京都でも数少ないものであります。
 建物の一部はご希望によりご案内しております。

〒605-0907 京都市東山区問屋町通五条下ル3丁目西橘町472
TEL:075-561-1045 FAX:075-561-3651


コレクション
 柏原家の江戸時代から伝承の品々
 婚礼調度・絵画・墨蹟・浮世絵・茶道具・衣裳・古書古文書等多岐にわたっております。


開館情報 ◇ 令和4年 春季展「江戸時代の美人画と婚礼調度品」 令和4年4月1日(金)~5月5日(木)午前10時~午後4時(最終受付午後3時45分)

  美人画は江戸時代に多く描かれました。特に江戸の浮世絵師にとっては、主要なジャンルの一つで、版画や掛け軸が多く作られました。京都、大坂では、美人画の版画はありませんが、やはり多くの掛け軸の美人画が描かれました。今回は、円山応挙、鳥文斎栄之などの掛け軸十二点、屏風一点、喜多川歌麿、栄之などの版画七点、絵本七点を展示しました。婚礼調度は、香道具箱、かるた箱など梨地蒔絵のものを中心に六点並べました。前回好評だった合わせ貝は、今回も同じように展示しました。


ご利用案内
開館時間 午前10時~ 午後4時(最終受付午後3時45分)
休館日 月曜日(祝日は開館)
アクセス 京阪電車 清水五条駅(徒歩3分)
入館料 一般 300円 大・高生 200円 中・小・きもの100円
住所 〒605-0907 京都市東山区問屋町通五条下ル3丁目西橘町472
TEL 075-561-1045
FAX 075-561-3651
地図 Google マップはこちらへ


洛東遺芳館たより
令和3年 洛東遺芳館たより  (「春季展」「秋季展」)はこちらへ   令和2年 洛東遺芳館たより  (「秋季展」 )はこちらへ
令和元年 洛東遺芳館たより (「秋季展」)はこちらへ   平成31年 洛東遺芳館たより(「春季展」 )はこちらへ
平成30年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成29年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
平成28年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成27年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
平成26年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成25年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
平成24年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成23年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
平成22年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成21年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
 
◇令和4年 春季展より  令和4年4月1日(金)~5月5日(木)午前10時~午後4時(最終受付午後3時45分) 月曜休館 但し祝日は開館

江戸時代の美人画と婚礼調度品
 美人画は江戸時代に多く描かれました。特に江戸の浮世絵師にとっては、主要なジャンルの一つで、版画や掛け軸が多く作られました。京都、大坂では、美人画の版画はありませんが、やはり多くの掛け軸の美人画が描かれました。今回は、円山応挙、鳥文斎栄之などの掛け軸十二点、屏風一点、喜多川歌麿、栄之などの版画七点、絵本七点を展示しました。婚礼調度は、香道具箱、かるた箱など梨地蒔絵のものを中心に六点並べました。前回好評だった合わせ貝は、今回も同じように展示しました。以下、展示している掛け軸の中から、五点選んで紹介します。

一階展示の様子1   一階展示の様子2
一階展示の様子
 
二階の展示の様子   合わせ貝
二階の展示の様子   合わせ貝
 
絵1-2 円山応挙 倭美人(部分)   顔部分拡大
絵1-2 円山応挙 倭美人(部分)      顔部分拡大
 
 戦前から展覧会に出品されたり、雑誌に紹介されていて、よく知られた作品です。応挙が同時代の町娘を描いた美人画として珍しいものです。
艶っぽさの少なさが批判されることもありますが、”美人画”の立場がやや微妙な現在、かえって新鮮に見えてきます。
絵1-3  鳥文斎栄之 立美人(部分)   頭部拡大
絵1-3 鳥文斎栄之 立美人(部分)      頭部拡大
 
 鈴木春信から鳥居清長へと発展した細身化傾向は、鳥文斎栄之に受け継がれ頂点に達します。その上、この絵では、最高に発達した兵庫髷が誇張されて表されていて、まさに浮世絵界のマニエリスト栄之の美人画。前髪に注目。実は、パンクのヘアスタイルの始まりは吉原の花魁であったのか。
絵1-5  清原雪信 孟母   頭部拡大
絵1-5 清原雪信 孟母       頭部拡大
 
 孟子の母は、機織りの布と断って、学問を途中でやめる愚かさを、息子の孟子に教えたといいます。雪信は女流画家。もう若くない女性をどう表すか、
興味あるところ。目じりのしわ、ほうれい線など、現在からみれば、やや老けすぎですが、気品を失わない表現はさすが雪信。
絵2-11  伝 墨江武禅   頭部拡大
絵2-11 伝 墨江武禅        頭部拡大
 
 落款はありません。三首の歌を書き、「墨江斎太武禅筆」と書いた箱書が、武禅自筆ではないかともいわれているので、箱蓋も展示しました。武禅は応挙より一歳若いだけですが、雰囲気はまるで違います。師の月岡雪鼎の美人が円熟した感じです。この作品は当館関係者の所蔵品。
絵2-7 三畠上龍 秋美人(春秋美人の内)   頭部拡大
絵2-7 三畠上龍 秋美人(春秋美人の内)    頭部拡大
 
 上龍は四条派の画家岡本豊彦の弟子です。着物の模様や、背景の紅葉の描写には、四条派の画家であることがうかがえます。太い眉やリアルな目は、祇園井特の美人を思い出させます。青緑の下唇は、笹紅(ささべに)と呼ばれ、江戸時代後期に流行りました。良質の紅を薄く塗り重ねるとこのような色になるそうです。この作品は表装していないマクリの状態で、今回が初公開。