洛東遺芳館 概要
 当館は京の豪商であった、柏屋を母体とし、昭和49年(1974)に開館しました。以来、今日迄春秋2回特別公開をしております。
 柏原家は、肥後熊本加藤清正公の家臣、柏原郷右衛門を祖とすると伝えられています。江戸期の寛永年間(1645)初代三右衛門が当所に居を構えたといわれており、はじめ京小間物・扇子等を商い、徐々に商種商域を拡げ、木綿・漆器・紙の店を江戸に持ったいわゆる江戸店持京商人となり、今日も東京・大阪で盛業中であります。
 展示品のすべては、柏原家の江戸時代からの伝承品で、婚礼調度・絵画・浮世絵・工芸品・古書古文書等で、これ等を順次展示しております。
また、現在の建物も幾多の大小火難を逃れ、数百年来の商家の体裁を保っている京都でも数少ないものであります。
 建物の一部はご希望によりご案内しております。

〒605-0907 京都市東山区問屋町通五条下ル3丁目西橘町472
TEL:075-561-1045 FAX:075-561-3651


コレクション
 柏原家の江戸時代から伝承の品々
 婚礼調度・絵画・墨蹟・浮世絵・茶道具・衣裳・古書古文書等多岐にわたっております。


開館情報 ◇ 令和4年 春季展「江戸時代の美人画と婚礼調度品」 令和4年4月1日(金)~5月5日(木)午前10時~午後4時(最終受付午後3時45分)

  美人画は江戸時代に多く描かれました。特に江戸の浮世絵師にとっては、主要なジャンルの一つで、版画や掛け軸が多く作られました。京都、大坂では、美人画の版画はありませんが、やはり多くの掛け軸の美人画が描かれました。今回は、円山応挙、鳥文斎栄之などの掛け軸十二点、屏風一点、喜多川歌麿、栄之などの版画七点、絵本七点を展示しました。婚礼調度は、香道具箱、かるた箱など梨地蒔絵のものを中心に六点並べました。前回好評だった合わせ貝は、今回も同じように展示しました。


ご利用案内
開館時間 午前10時~ 午後4時(最終受付午後3時45分)
休館日 月曜日(祝日は開館)
アクセス 京阪電車 清水五条駅(徒歩3分)
入館料 一般 300円 大・高生 200円 中・小・きもの100円
住所 〒605-0907 京都市東山区問屋町通五条下ル3丁目西橘町472
TEL 075-561-1045
FAX 075-561-3651
地図 Google マップはこちらへ


洛東遺芳館たより
令和4年 洛東遺芳館たより  (「春季展」)はこちらへ   令和3年 洛東遺芳館たより  (「春季展」「秋季展」)はこちらへ
令和2年 洛東遺芳館たより  (「秋季展」 )はこちらへ   令和元年 洛東遺芳館たより (「秋季展」)はこちらへ
平成31年 洛東遺芳館たより(「春季展」 )はこちらへ   平成30年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
平成30年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成29年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
平成28年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成27年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
平成26年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成25年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
平成24年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成23年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
平成22年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ  
 
◇令和4年 秋季展より  令和4年10月1日(土)~11月3日(木)午前10時~午後4時(最終受付午後3時45分) 月曜休館 但し祝日は開館

 今回は龍虎図をテーマにして、狩野章信筆の龍図、宋紫石筆の虎図の六曲一双屏風二点と、円山応挙筆、岸竹堂筆などの龍虎図掛軸四点を展示しました。他に、子供が描かれた絵を小テーマにして、伝土佐光起筆絵巻二巻、西川祐信の絵本五冊、歌川国貞と渓斎英泉の浮世絵版画八点、そして竹久夢二の挿絵の入った少年雑誌『日本少年』十二冊を展示しました。
 婚礼調度は、厨子棚と黒棚を中心にして展示し、御好評をいただいている貝合わせは、少し趣向を変えて合わせ貝を並べ、貝桶は、八代目か九代目の主人に嫁いで来られた方のものと思われるものを展示しました。

 

宋紫石 虎図屏風

描かれたものには、たいてい先例があり、その系譜をたどるのが、絵画を調べる基礎的作業のひとつです。この屏風の左隻に描かれた虎の姿は珍しく、股間からあごの裏を見ているように描かれています。先例は、当然、宋紫石が影響を受けた中国人画家・沈南蘋と彼の弟子たちの作品にあるはずですが、まだ見つけていません。

円山応挙筆 虎図

後足で耳の裏をかいています。このような姿は、鳥獣戯画の獅子にも見られ、かなり古くから成立していました。後ろ足を地面に下せば、応挙の虎の基本形のひとつとなります。その姿の作例は多いですが、この作品ほどリラックスした虎はないでしょう。虎につきものの風や竹は、もはやなく、野性味もなく、毛皮は洗い立てのように清々しく、芝生のような草地は、子犬たちがじゃれ合っていても不思議ではありません。

岸竹堂  虎図

虎の絵を描いていた竹堂は、「虎がにらみよる」と言って、頭がおかしくなったことがあるそうです。その時の絵は知られていますが、写実的で真面目な絵で、怪しげな雰囲気はまったくありません。この作品の虎は、一見、虎には見えません。正面向きで、我々を威嚇するわけでもなく、怪しげな雰囲気を漂わせ、もはやモノノケの世界の住人です。

石田幽汀 龍図

 
画像 渓斎英泉 廓の四季志 吉原要事 英泉は花魁図を得意にしました。
現在の我々から見ると、英泉の花魁は、姿勢以外は一様に見えますが、衣装に注目すると、変化が激しいのに気づきます。
花魁の衣装は派手で、龍や虎も模様になりますが、この作品では、東洋の龍ではなく、羽根のある西洋のドラゴンが表現されています。
渓斎英泉 廓の四季志 吉原要事
 
画像 渓斎英泉 廓の四季志 吉原要事 今回の展示では、小テーマとして、子供が描かれた作品をいくつか展示しています。
この花魁図でも両脇の禿(かむろ)の姿に注目したいのですが、彼女たちは、衣装の模様に埋没しています。
英泉の花魁図でも、この✭が版元のシリーズは、衣装模様の表現に優れています。
中でもこの作品は、もはやサイケデリックアートではないでしょうか。
渓斎英泉 岡本屋内 重岡
 
画像 渓斎英泉 廓の四季志 吉原要事 竹久夢二は挿絵画家として出発しました。
今回は、明治45年8月から大正2年7月に出版された少年雑誌『日本少年』を展示しました。
それらに載る夢二の挿絵は、一緒に掲載されている他の画家の挿絵と比べて、古臭さを感じさせません。
特に、二色刷りのものは新鮮さを失っていません。
まるで初期浮世絵の紅摺絵のようで、浮世絵師を自認していた夢二にふさわしいものです。